やっぱりつまらない夫

夫と遊んでいない。

もう40過ぎたオバハンが何を言っていると思われるだろうか。

私は遊びたいのだ。

夫は一人でいたい。

ずっと平行線のままだ。

時々じゃれてみるが、スルー。

本気で嫌がる。

そうすると、私はどんどん虚しくなってくる。

そして、情緒不安定に陥ると言ったパータンだ。


そうなると厄介。

夫も私も分かっているはずなのに、この繰り返し。

そもそも普段から会話自体少ない。必要最低限の会話。会話が弾むことなんて子供の事くらいで、日常会話で話していて楽しいなんてことあるだろうか?

要するに、合わないんだろうなぁ。

としみじみと思う。

最近は自分でストップをかけているのだが、やはり虚しい気持ちになる。

これ以上夫に構っても、夫は構ってくれない。

そうすると、夫に相手になるのをやめる。

自分がこれ以上傷つかいように自己防衛機能が働くようになった。

夫はそんな私の気持ちにも微塵も気づかない。

だけど、夜一人で寝ていると涙が出るのだ。

ここ最近はずっと涙が出る。

秋なんだ。

秋の物悲しさと、夫に相手にされない妻の切なさが相まって涙が流れる。

ひとしきり泣くと吹っ切れる。だけど、それまでが長い時がある。

そうすると翌朝、私の腫れぼったい目がますます腫れぼったくなってしまう。

これはいつまで続くのだろうか。

いつか、そんな気持ちも感じないようになるのだろうか。

夫にとって私はただの出来の悪い掃除婦、家政婦くらいのものなのだ。本人は「そんな事ない」と言うだろうが、私からしてみれば、そうなのだ。

楽しい夫婦、仲のいい夫婦、

憧れる。

そうなると夫が憎々しくなってくる。なんで?なんでなんだ?この人は?

食っちゃ寝、食っちゃ寝。ソファでいびきをかいて寝る夫。食に関してだけはマメで、それ以外の興味の無い事には本当に無関心(私を含む)

昨日出かけた時も、言い方の相違で軽く車内で小競り合いになる。そうなると子供達にもイヤ~な雰囲気が流れる。

そうすると、私はフッと気づく。

あ、しょうもない事言ってんな自分・・。

相手にしない方がいい、子供達のために。

そう、子供たちがいないと私たちなんて、とうに破綻しているだろう。


子は鎹とはよく言ったものだ。

ソファーベッド専門店【ハレノワ】

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ


にほんブログ村


主婦ランキング