UFOが見える母娘。


相変わらず、長女の塾が連日だ。

巷ではコロナの影響で自粛している塾もあるという。まだあるだけ有難いと思わないといけないかもしれない。

そんな塾の帰り、車に乗って走り出した直後、長女が言った。

「あれ、何!?赤いやつ。」

私は運転をしているので、即座に長女の指さす方向を確認できない。

そして、その間も長女は指さした方向をしきりに気にしている。

星にしては明るすぎる。

そう言うのだ。

一旦停止の時に確認してみると、確かに星のようなものがある。

あちらの方向に、あんな明るい星があったのかと私も驚いた。

長女は、なぁ?あんな明るい星ある!?と納得がいかないようだ。

冗談で私が、アレはコロナ星で、あそこからウィスルを送ってきよんちゃうか?などと言ってみる。

すると長女は「私も、それ思ってた!」と言う。

そんなことあるかーい!

家に着いても相変わらず長女はその光が気になるようで、車から降りてもそれをジッと見つめている。

私もそう言われると、気になってきだして一緒に眺める。

ん?

なんか動いてない?

そう、よく見ると動いている。

ああ、飛行機?

にしては、なんとなく明るすぎる気がする。

そして、それがどんどんこちらに近づいてくるのだ。

2人で息をのんで飛行機かどうかを確認する。

ちなみに2人とも目が悪い。

それがこちらに近づくにつれ、チカチカとカラフルな光を発していることに気づく。

えええ

長女が不安そうな声を上げる。

あれって・・・

チカチカチカチカ

・・・UFO?

自信なさげに言う長女。

え!?

そんなことある??

左右に赤と青のライトがあり、黄色いライトが4か所をぐるぐると順に回っているのがチカチカとしている。

たしかに、いつもと違う気がする。

夜の飛行機と。

しばらく眺め、更に近づいてくると長女が

「怖い怖い怖い」

と言い出した。

私も気味が悪くなってきて、走って家に入った。

そして、宇宙人的な長男に

「UFOやで!!」(断定)

と叫び、2階へ駆けあがった。

すると家族みんながバタバタとついてきて、みんなで2階の窓からそれを見た。

ほら!あれ!!


・・・・・。




・・・・・。



夫「飛行機やん。」


長女・私「・・え?」

飛行機?・・そう言われてみれば、そうも見えるかもしれない。

いまどきの飛行機はこんなにカラフルなのか?


私「私ら目が悪いからぁ~」

ばつが悪そうに言うと、夫は。

「目だけと違うやろ、頭もヤバい」

そう、二人とも、もしかしたら受験で疲れて感覚がおかしくなっているのかもしれない。


その後、長女に出した問題。

長女の回答がおかしかった。

〇耳〇風→馬耳風(馬耳東風)

一〇千〇→一日千待(一日千秋)

いや、アカンやろ。大丈夫受験?

私が答えを長女に言う時に

”いちにちせんざむらい”はないやろぉ~どういう意味よ(笑)!!

と突っ込むと、

「私さむらいなんて書いてないやん!待つって字やで(笑)」

侍→待

どこまでも、この親子は(笑)と大爆笑した夜でした。

本当に危険な親子です。

しかし、一日に千の侍。

想像すると笑える(笑)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ


にほんブログ村