梅雨の洗濯


梅雨、ジメジメして鬱陶しい。

そして洗濯物も乾かない。

なので、夜のうちに洗濯をしてしまい、浴室乾燥へ。

しかし、洗濯が終わるのを待っている間が眠い。みんながおふろに入ってからの洗濯となる。

早く寝てしまいたい、のに寝られない。

寝てしまうと、結局翌朝に浴室乾燥しなければならないが、日中の電気代は高いので浴室乾燥は使わない。

どうしてもどしゃぶりならば、仕方なしに利用。

微妙ならば、ベランダへ。

けれど大概は、パートへ出た後に雨が降り出し、洗濯物は乾かないパターン。

学習しない。

変なところにこだわりがある。

ああ、眠い..と思いつつ洗濯が終わると早速洗濯機へと走る。

早く片付けて寝よう!!

洗濯機を開けて愕然。

白いものが洗濯物に散らばっている。


だーれーやー!!!

そう、よくありがちなティッシュペーパーをポケットに入れたまま洗濯パターン。

大体、犯人は自供しない。

俺違う、私違う。

じゃあ、誰だー!?

きっと翌朝、皆に問いただしても

「ハイ、私。」

と答えるヤツはいないのは明白。

証拠さえ残っていなければ、自白する必要はないと思っている連中だ。

くっそー、私だけ貧乏くじだ。

と、洗濯物でここまで怒ることが出来る。

毎日のことですから。

酷い時は2日連続なんてこともある。

その時はさすがに犯人捜しに躍起になるが、更に家族の口は堅くなる。

もう諦めよう。

洗濯物を払いながら、2度洗いはせずにそのまま干す。

やはりティッシュは服などに付着したままだが、報復のようにそのまま乾かしてやる。

言ってもダメならば、これでどうだ!

各自、服についたティッシュはご自分でお取りください。

連帯責任。

そういいながらも、私も子供が小さい頃何回かやった、おむつごと洗濯。

あれはさすがに泣いた。

ポケットティッシュを凌駕する悲惨さ。

おむつのポリマーが洗濯の水を吸って、あらゆる服に付着。

2度洗いしようが、大量のポリマーがなかなか落ちない。

・・・いろいろやったね。

よく、ここまで来たものだ。

ポケットティッシュくらい、かわいいものではないか。

そう思うようにしよう。

怒ると非常に疲れる。

若い時のようにガンガン怒るということが出来なくなった。いいのか悪いのか。

ガツーンと怒ることは出来ても、その後チーンと元気がなくなってしまう。

おそらく一日分くらいのエネルギーをそこで使ってしまうのだ。

だから大概のことはスルーするようになったというか、出来るようになったいうか、そうせざるを得なくなった。

なので子供たちからすでに、母は丸くなったと言われるのだ。


そうではなくて、年老いたのだよ。


長男は私の言うことは、少し声色を変えようものならばすぐに聞いていたのだが、最近はそんなに怖くないものだから全く言うことを聞かない。

逆に夫が言う方が聞くようになった。

大きな変化だ。


そうやって子供たちは徐々に大きくなっていくのだなぁと思う。

私も成長させてもらっている。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村