ときどき、爆発する。


何の前触れもなく、爆発するとき。

徐々に加速度をつけて、爆破するとき。


昨日はパートから帰ってから急に爆発した。

なんだろう、やっぱりストレスたまってたんかな?

家に帰って散らかっている部屋を見て、片付けて、子供に宿題したかと聞いて、していなくて。

ダラダラしている子供たちを見て。

オラ~片付けんか!洗濯物くらい入れとけー!!

とばかりに、怒る。↑このままは言っていないが・・

ぶつくさ文句を言っていると、リビングから人が消えた。

2階に上がる時に廊下の電気をつけっぱなしの長女に

「電気-!!」

と2階に向かって叫ぶ。

するとボタンをバチンと叩く音がして、ドアをバタン!!ときつく閉める音がし、廊下の電気が消えた。

宿題を全くやっていなかった末っ子がかろうじて戻ってきて、私に勉強を聞く。


急に疲れと睡魔に襲われ、横になっていた私に。

怖いもの知らずとはこのことだ。

でも勉強を教えてと聞いている末っ子に怒るわけにもいかず。

「なんで昼間に、にーちゃんとねーちゃんがいるのに聞かんのさ?」

静かに聞く。

末っ子「えー?忘れとった!」

やる気ないやろ?

「もう母は頭が痛いから今日は勘弁して・・」

時々起こるのだ、こんな発作。

いわゆるヒステリーと言うヤツだ。

育児は疲れる。

分かり切っているのだが。どうにもこうにもならないときに爆発するのだ。

以前、夕食の時。

末っ子が食べ物の文句ばかりを言っているのを聞いた私が、長女に聞いた。

「アンタ、小2の時こんなに文句言いよったっけ??」

すると長女は

「私は母が怖かったから、いいなりやった。」

と言う。

心外だ。

驚きだ。

何それ?

私、そんなに怖かった?

確かに3人目よりも1人目の方が断然育児は手探りで、大変だった。

思うようにいかず、怒ったこともあったのだろう

それが長女に恐怖を与えていたという事か。

自分の記憶にはあまりない。

好き嫌いはさせなかったし、無理にでも食べさせていたのはたしか。

残すのはもったいない。外国にはご飯も食べられない子がいるのに、なんて贅沢を言うのだと。

自分がそう育ってきた様に育てた。

ただ2人目、3人目になるにつれてどんどんユルくなってきた感はある。

しかし長女も大きくなり、私に反抗する強さを持った。

成長したな。


そうだ、今日パートの帰りがけに上司に呼ばれ今後のシフトのことを言われた。わざわざ定時終わって帰ろうとしているときに呼び止めなくてもよかろう。

しかも、前にも聞いた余分に働いてくれと言う指示。

ハイハイ、分かってます。(今日暇やってんけどね、そんな仕事ありませんぜ)

それで帰ってキレちゃったのかな?


家庭に仕事は持ち来ない(戒め)

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村