no-image

竹内さんまで。


休日、のほほんとリビングにいると、長女が言った。

「母、スゴイ人がまた・・」

え?誰??

「た」の付く人。めっちゃ有名。

考える。

一人目に誰を言ったのかは忘れたが、男性。

女優だと言われて、すぐに竹内結子さんの名前が出た。

名前がすぐ出たのは、有名だからだ。

でも、まさかこの人が、とは思ってはいなかった。

「そう。」

と言われたときは、自分で言っておいて

「ウソーー!!」

と言ってしまった。

勝手に自分のなかで強いイメージがあった彼女が、まさか自死を選ぶとは到底考えられない。

このところ芸能人の自殺のニュースが多い。


一体何なんだろう。

コロナは関係あるのだろうか?

色々考えていたが、芸能界の負の連鎖はヒドイ。

影響があるのかどうかは不明だが、こんなに続いて芸能人の訃報を聞くのは初めてだ。

あのニュースを見て、私も楽になりたい・・そう思ったのだろうか。

何があったんだろう。

聞けば、今年に生まれた子を残して逝ってしまったという。

中学生の長男だっている。

そう思うと、余程のことがあったんだろうと思う。

それとも高齢出産もあって、育児ノイローゼとかがあったのかもしれない。

あの美貌で40歳だ。

母と同年代じゃない?と言う長女に、まさか~まだ30代やろ!と返したのだが。もはや種類が違う。

芸能人は若い。

でも人間だ。

揺れ動く40代。気持ちはすごく分かる。そして出産の大変さ。その後のメンタルのしんどさも分かる。

それが重なると思うと、大変なことだと思う。

外からは幸せそうに見えても、内面にはいろんな悩みを抱えていたのかもしれない。

若しくは突発的にだろうか。

しかし感受性が強いお年頃の中学生の長男、どう思っただろう。

ウチも中学生の息子がいるので、私がもし死んだら?と考えるといたたまれない。

その子たちを残して逝く母の気持ち。

相当なものだろう。

そして残されたものの、どうしようもない悲しみ。

子供たちに

「絶対、自殺はせんといてな。」

と言う。

反応はない。

誰しも”死にたい”と思ったことはあるだろう。

私も、子供の頃なにもかもイヤになって、そう思ったことがある。

長男長女も、驚いたことに死にたい、楽になりたいと思ったことがあると言う。

夫は、恐らくないだろう。聞いてもいないが、分かる。

だけど、それは遠いものとして捉えている。

前面に”死にたい”ではなくて、何もかも忘れて、楽になりたいという気持ちなのだろう。

それを実際に行動に移すには、余程の覚悟がいる。

覚悟というよりも、もう感覚がマヒするほどストレスを抱いているのかもしれない。

こんなニュースを見るたびに、なんとも言えない気持ちになる。

竹内結子さん、ご冥福をお祈りいたします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村