主婦のさみしい日記

そうだと分かっていたけど。

やっぱりか。

パート先で年に一回あるかないかの研修がある。

たまたま夫の職場の近くだ。

普段、田舎に引っ込んでいるので、なかなか街中には出ない。

なので、折角近くに来たついでに夫をランチに誘ってみた。

あまりその辺の地理に詳しくない私は、夫に

「どっかおススメのお店とかある~?」

と聞いてみた(あてにはしておらず、少しだけの期待を込めて)

夫:・・・う~ん。

(やっぱりか)

でも、仲のいい夫婦みたく「じゃあそこの店いってみない!?」とか「一度行っておいしかったんだよー」みたいなノリでランチ、行ってみたかった。

実際、夫の同僚は美味しい店があると妻を連れてったげたりするらしい。

「あ、ここは?」

と店の名前を夫が言った。

早速調べてみるが、よく分からない。

私「おいしいの?」

夫「さぁ?」

私「行ったことあるんやろ?誰かから聞いたとか?」

夫「今、ネットで見た」

私「・・・。」

私「でも、昼休み時間少ないんやんなぁ?出れるの?」

夫「え?俺も?一人で行くんじゃないの?」


・・ああ、そうか。そうだった。

夫とはこんな関係じゃなかったんだ。

私は何を期待していたんだろう。

今まで、そんなんじゃなかった夫が変わるわけもなく。

2人で楽しくランチだなんて。

夫にしたら、わざわざ外でまで会って何を話すんだって話だ。


私は、この人とずっとこれからも一緒にいるんだ。

そう思い知らされた。

子供達が大きくなって家を出ても、私はこの夫と2人でずっとこの家で暮らすのか。

何の楽しみを持って過ごすのだろう。

毎日をどうやって過ごすのか。

ただ単に時間だけが過ぎていくような気がする。


そう、それだけ。

女性の更年期における「ゆらぎ」から解放【フルミーエクオール】

にほんブログ村 主婦日記ブログへ


にほんブログ村


主婦ランキング