no-image

職場の人間関係が微妙に変わるとき。


最近、なんとなく職場の人間関係が微妙に変わってきた様に思う。

力関係だったり、仲のいい人たちの関係であったり。

私の考えすぎかもしれないのだが、今まで好意的に接していた人が急によそよそしくなったり。

疲れているのだろうか?とも思ったりするのだが、もしかして私のどこかが気に入らないのだろうか?とさえ思ってしまう。

その人は私とは、ある意味逆のタイプでコロナに非常に慎重だ。

別に私がコロナに対して無関心という訳ではない。一般的には対策はとっているつもりだ。

その人はマスクは何がいい、消毒液はジェルとスプレーだとどっちか良い等。私に熱心に教えてくれる。

私は、それをふんふんと聞いてはいるのだが、彼女がそれがいい!と言ったからといって、そのアイテムを購入するわけでもなく普段使っているもので済ませている。

もしかして彼女はそれが気に入らないのだろうか。

もっと完璧にコロナ対策をとらないと、気が済まないのかもしれない。

自分は完全に最高の感染対策をしているのに、周りがそうでなかったら結局はその人が感染してしまったら自分にも害が及ぶ。

そう思っているのではないだろうかとすら思ってしまう。

互いに疑心暗鬼になってしまっている職場。

コロナに対する考えも人それぞれ。

私は最低限の感染対策で満足してるので、キッチリとしている人にはそれは許しがたい行為なのかもしれない。

別にマスクをしないとか、手洗いしないとかそんなレベルではない、ごく普通に当たり前のことはしているつもりだ。

そういえば保育園の頃、インフルエンザの予防接種をしているかしないかをとても気にする人がいた。

そして何故しないのか!?

暗にしていない人を責めていた。

インフルエンザの予防接種は高い。

そして接種したからと言って、罹らない保証もない。

罹ったとしてもマシになるとは聞くが、今まで何度も言っているかもしれないが、子供が予防接種した年にかかったインフルエンザは今までの中で一番ひどかった。

だから正直信用していないのだ。

どこへ行っても、気にする人はするしそこまででもない人はそうだ。

どのあたりで折り合いをつけるかなのだと思う。

互いにあの人は、こうだ!自分の考えが正しい。相手が直さないとダメだ。全て相手が悪い。

だと険悪になる一方。

あの人はこうだけど、私はこうだ。

それでいいではないか。

余程ヒドイ場合は言ってもいいと思うが・・

なんだか都合のいいように自分の考えが行っている気がするので、この辺で辞めておこう。


最近パートが忙しい。

あっという間に時間が経つ。

そういう時は、心の余裕もなくなってくる。

いつでも心に余裕を持てる人になりたい。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村