思春期と更年期、最悪の組み合わせ


なんだろう、しんどい。

朝からわめきちらした。

子供たちは、いつまでも寝ている。1日中暇なくせに何度言っても片付けもしない。

私が一人リビングで子供たちのものを片付けるも、要るものか要らないものかの判断がつかない。

そのたびに聞いていたのだが、どんどん腹が立ってきた。

自室にいる長男を呼び、片付けろと言ったが、1、2個自分のものを横にどけただけで2階へ上がってしまった。

お茶も飲んだら飲みっぱなしで、あちこちに置きっぱなし。

「ちゃんと、お茶も飲んだら流し台に置いて!」

というと、

「お茶じゃないし、水やし。」

と小言を言う。

カチンとまた来て

「へ理屈いうなーー!!お茶も水も一緒じゃー!!片付けろ言うとんねん!!」

大声で怒る。

お昼過ぎまで寝ている長女に、二階まで聞こえる声で

「起きろーーー!!!」

叫ぶ。

起きてこない。

ブチッ

大きな箱に長女と長男のものを詰め込み、2階まで駆け上がり部屋へぶち投げる。

あああ、イライラするーーー!!!


午前中に必要なものの振り込みなどを済ませた。

家計も厳しい。

コンビニで、長女が受験した公立高校の子の制服を着ている子を見た。

何とも言えない複雑な気持ちになった。

本当だったら4月から着れていたかもしれない制服・・

公立だったら、こんなにお金かからなくて済んだのに。

考えても仕方のないことが次から次へと浮かんでは消える。

私はこの子たちを見るたびに、そんなことを思うのだろうか。

それとも麻痺していくのか・・

長い間ガマンしていたマッサージへ行った。

お金がないのに。

だからショートコースにした。

行かないと収まらない。

カードを見ると、去年の8月から行っていなかった。

いろいろ忙しかった。

ゆっくり施術を受けようと思っていたのに、担当の人がずっと話す人だった。

ひたすらウチの家庭環境を聞いてこようとする。

もう勘弁してくれ。

面倒くさそうに返事するも、なかなか空気の伝わらない人だった。

私はここへ癒されに来たのよ。私の家庭環境なんてどうでもいいじゃない。

むしろ、今は解放されたいのよ。

久しぶりのマッサージは痛かった。


4月から長女関係で、振り込んだお金は60万ほどにもなる。

そしてこれから支払う月々の授業料等・・5万を超える。

私は、長女のために働いているようなものだ。

これが高校だと言うことが怖いのだ。

まだ大学が待ち構えている。


長女に高校は私立やから、大学は国公立行ってよ!!

切実に言った。

すると長女、

「まだ決めてなーい。」

と言う。

・・・決めてないじゃないねん。

ムリやゆーとんねん。と内心思う。

親の心子知らず。こういう場合に使うのか間違っているのか、そんな心境だ。

ここで、「うん、頑張るわ!」と言ってくれるだけで、どれだけ報われるだろう・・

思春期と更年期、最悪の組み合わせだ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村