さみしくてワインに溺れる


今日は一日一人だったな。

別に家族が出かけているというわけでもなく、末っ子は外遊びに、長男は夫とずっと2階。長女は寝てる。

私一人リビング。

そうなると、やっぱり来るよね、夜のさみしさ。

だって今もリビングに一人だし。

一日何をするでもなく、パソコンで映画観たり。

敢えて避けてるんだけど、そこでラブシーンとか出てくるわけよ。

そうすると泣けてくるんだよね。

ああ、幸せそうね って。

自分が惨めになってくるので恋愛ものは、気持ちにゆとりがないと観ない。


明日も雨みたいだし、今のうちに洗濯して浴室乾燥にするか。夜の方が電気代安いもんね。

そうなると、それまでの時間をどうするかだ。

多分、またパソコンで映画。

おともにワイン。

昨日のみ過ぎで調子悪くなったにも関わらず、ワイン。

チューハイは節約月間で買ってないし。買い置きのワインしか飲むアルコールがない。

といってもコップに半分も飲んでいない。

度数が高いので目いっぱい氷を入れた。それが溶けたら飲み頃だ。せっかくのワインなのにそんな飲み方。といっても、安ワイン。

なんとなく、お酒でさみしさを癒している感じ。

脳がマヒするのよね、さみしさから。多分。

勝手にそう思ってる。

話は変わるけど、こないだ見た映画。古い映画だけど、かっこいい登場人物がいたの。男前。

ネットで調べてみると、ゲイだった。

なんかショックよね。

人それぞれだけど。

最近は映画観て気に行った人を、どんな人だろうとネットで調べたり画像見たり。暇なことしてる。

今までハマったのは、ヒュー・グラント、ジェラルド・バトラー、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ。

大体の映画観たと思う。

けど、やっぱり彼らも年をとってくるわけで。ちょっとガッカリ。

年をとって味がでてたらいいんだろうけどね。

そういう自分も年をとってきて。昔の事をよく思い出すようになった。もうこうなると年寄りだね。

昔の良かったころ。好きって言ってくれる人もいたよね。若い頃。その人と結婚してたら今頃どうなってたんだろうってすごく思う。

そんなこと考えても仕方ないのにね。気づいたら、よく考えている自分。何十年前だ!?

でも、あの時。

あっちを選んでおけばよかったのか?

オンラインカウンセリングなら日本最大級の「cotree」

にほんブログ村 主婦日記ブログへ


にほんブログ村


主婦ランキング