パート先の怖い人。


怖い人っていうか、女性の場合は特に多いのかもしれない。

細かい事や仕事のミスで人を非難する。噂好き。忙しいと言いながら噂話があると飛びつく。しかし仕事を頼むと忙しいと言う。

今日も、相手のいない前で、グチグチと文句タラタラ。

しかーし、文句の対象者のその人の前ではいい顔をする。

怖い。

ハッキリ言って怖い。

それが社会人と言えば、それまでなのだが、私もそうされてるんだろうなぁ。と思う。

だって私は雑。

よく注意される。

大概は善意で手伝ってのダメ出し。

それくらい直しといてくんない?とは思うのだが、言わずにはいられない人なのだろう。

だったら私も手伝わなければいいのだが、その人がしなければ自ずと私がしないといけない立ち位置にいたりする。

しかし、私の仕事は決まった必要最低限しか手伝ってはくれない。

私は多少手伝ってくれた人が間違っても、こっちでササッと直したりする。

だって、手伝ってもらってるから。って意識がある。

余程あとで困るとか今後このままだと困ると思ったら、やんわり言ったりするけども。

昨日は、なんだかずっと人のダメ出しをしているので聞いていてこっちが落ち込んできた。段々小言が多くなってきているのは気のせいか?

今回のターゲット、別に悪い人じゃないんだけどなぁ。その人が愚痴子さんに仕事を回したのが悪かったみたい。そもそもは愚痴子さんの仕事なんだけどね。

「ちゃちゃっとやれば済む仕事なのに!!」

とずっと私に言ってくるのだが、

「だったらアナタがやれば?」

と言えない小心な私。

もちろん社会人として、それを言ってしまうと職場環境が悪くなるのが目に見えているので言えない。

だからその人に物申す人は、ウチの職場にはいない。

なんだか人の愚痴を聞いてると矛盾してることがよく分かる。自分の事を棚に上げる。

私もそうなってないだろうか。

特に夫に対する態度。

時々反省してみたりする。

ブログを愚痴のはけ口にしているのは、夫と何度か衝突した時の子供たちの反応だ。

非常に大人に気を遣っている。

気を付けないと・・

ブログに書くことで、

あれ?
私矛盾してる?

って気づくことも実はあったりする。

だからブログは辞められない。

自分を客観的に見ることは大事だ。
そのツールとしてブログは役立つ。

独りよがりになっていないか、一度立ち止まって、自分を見てみる。

なかなか自分を客観的に見るのは難しいのだけれど、それをするのとしないのとでは違う、と思う。

昨晩、夫を駅に迎えに行って、小腹の空いていた私が

「アメリカンドックが食べたい。」

と言ったら、夫が買ってくれた。

うれしかった。


結局は物でつられる私。(しかも安上がり!)

人間なんて、とても単純なのだ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村