恐るべしNETFLIX


昨年末、長女が急に入会したネットフリックス。

私は最初、何のことか分からなかった。

「ねっと、ふりっくす??」

何ソレ?

長女曰く、長女の好きな韓流ドラマが見放題だと言う。その契約をしたいと言うのだ。

そんなもん、アカンに決まってんやん!!

じゃあ条件出して!と言う。

絶対にそれを契約していいことがあるとは思えない。今でこそ勉強をしないのに映画見放題になると、更に勉強から遠ざかる。

「じゃ、テストで10番以内とったら契約していいわ。」

「・・分かった!」

そう言った長女。

10番以内をとったならば

もちろん、そういう意味でだ。

ようするに”アカン”と言うことだ。

その条件をすんなりと飲んだものだから、拍子抜けした。

・・・勉強、頑張るのだろうか?

でも、これをきっかけに頑張ってくれると嬉しい。

そう思った。

そして、しばらくすると夫と長女がテレビ前でゴソゴソしている。



私「なにしてんのん?」


長女「え、ネットフリックスの設定。」


「はぁああああ~!!??」

「アンタ、10番以内とったら!!って約束したやろー!!!」

長女「え、だってええって言ったやん。」

私「10番以内取ったらって、言ったやん!何で先に契約よ!取れんかったらどうすんのさ!?(むしろその可能性の方が高い)」

長女「じゃ、解約する。」

・・ハメられた。

長女がこんな事をする性格だとは知らなかった。

確信犯だ。

どうしてもネットフリックスに加入したかったのだろう。

友達から聞いたのだろうか。

それにしても、厄介なものを契約したものだ。

時間がいくらあっても足りないじゃないか。

通学で多く時間をとられ、家に帰ってくるとクタクタですぐ横になる。

それに映画見放題が加わって、どうやって勉強する時間を確保すると言うのだろう。

せいぜい宿題をするだけで精一杯ではないか。

飽きれと諦めと。

結局、契約はそのまま。

長女は一番安いコースで契約したから千円もかからないと言う。

しかし、このあいだ来た請求

1320円

千円超えてんやん!いよいよ数字も分からなくなったのか長女よ。

それも長女に確認すると、画質がいいからそっちにしたと言う。

アンタ、一番安いヤツって言ってたやん。画質とかこだわるタイプ!?見れればいいやん!


全部長女の思惑通り。

くっそ~


悔しいから、私も映画見てやる。

正月だから多少は時間がある。

子供たちが寝静まったあと、好きな俳優が出ている映画を見る。


・・・ハマってしまった。


みたい映画がどんどん見れる。

ヤバい。

時間が足りない。


何やってんだ、私。


にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村