俺はまだ小学生や!

おはようございます。今朝はいい天気です。

朝からスイッチが入り、リビングと階段のぞうきんがけを一気にしました。適度な運動は気持ちがいいです。

何の具合でこんな感じに朝から元気なのかはよく分かりませんが、時々こんな感じになります。

今日がパート休みというのも大いに関係していると思います。

若しくは昨日の幸せ感が体を元気にしているのかもしれません。朝になって読み返してみると、いささか大袈裟な感じを受けたのですが、昨日はそう受け止めた自分です。

そういった普段の何気ない日常が、スッと自分の中に入ってくると時と、全く感じない時と。

贅沢な環境にいても、文句ばっかり言っている時と、辛い環境でも少しの幸せを見つけてそれを喜ぶ気持ちと。

なんでも気の持ちようなんだなぁと最近よく思います。

ところで、家で飼っているハムスターが臭いです。週に1回は敷物を変えたり掃除を夫が最近してくれているのですが、臭い。

暖かくなってきたからでしょうか。それともハムスターも、もう1年半飼っているので立派なオッサン

ひとりが好き。

加齢臭なのでしょうか(笑)

パソコンの横においているので鼻がまがりそうです(^-^;

可愛いのはメチャメチャ可愛いので、少しくらいは我慢しないといけません。我慢我慢。どれだけこの子に家族が癒されてきたことか・・

夫などは私と話すよりもハムスターに話しかけている方が確実に多い

まず朝起きたらハムスターの様子を伺い、なにやらボソボソと言っている夫。おそらく家族の中で一番の理解者だと思っているのでしょう。

長男の学校ストレスも大したもので、担任との折り合いが悪く、学校が今は苦痛な様子。

今朝言っていた。急に思い立ったように話始める長男。だれに話しかけているのかは謎。

俺、最近はマシになってきたけど、学校から帰ってきたら自分の部屋にこもってサンドバック殴ってたりした。

と。

ああ、そうなのかい。チビにもストレスはあるんだね。

そして自分が宿題を提出したのに、先生に出していないと言われて延々とみんなの前で怒られて、職員室で反省文を書かされた。

結局違うところに出していたと分かって「気をつけよ」の一言で片づけられた。

と、この話はもう3回以上聞かされている。

もしかしたら心配性な親は、「うちの子がちゃんと宿題やってるのになんてことですか!!」と目くじらを立てて怒ったりするのだろうか、学校に連絡したり、そうでなくても連絡帳に書いてみたり。

ここでミソなのは、長男が違うところに宿題を出していたというところ。そして先生に出していない と決めつけられたところ。

普段からきちんとやっている子ならば、そんな決めつけはなかっただろう。いつも適当な事をしているから(本人はちゃんとしているつもりでも)、またやったな と先生も思うわけで。

先生にも勘違いはある。先生は大変な仕事だ、私でもまたかー!って思って怒りたくもなるだろう。

「アンタがちゃんとして、先生怒らさんようにしんかー。先生かて人間や、全部が全部キッチリキッチリできひん」

とか客観的に長男に言うと

「俺はまだ小学生や!」

と切り返してくる。キッチリできなくて当たり前や、先生大人なんやからキッチリ確認してみんなの前で俺を怒るのはやめてくれ!という心の叫び。

こういう場合、親は「ふん、ふん、大変やなぁ、先生もちゃんと確認してくれたらええのになぁ」と同調して聞いてやるのが一番いいのだろうか。

とは思うのだが、まだまだ私も未熟な親でありまして。

発声練習に「叫びの壷」

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村


主婦ランキング