お盆の帰省と子供の成績

今日も夏らしい陽気。

子供の頃のようにワクワクしたりする感覚は、年々薄れてきているような気がする。

暑いなぁ~と暑さが堪えるくらいだ。夫などは1日に100回は「暑い」と言っているのではないかと思う。

仕事帰りなどはMAXで呪文のように唱える夫がイヤで、バタバタしている時間だが夫を駅まで迎えに行ったりする。

それでも夫の暑い暑い病は治らないのだが・・

だけど”夏”というだけで、なんとなく楽し気なイメージが浮かぶ。

今年は旅行もなく、特段どこかへ出かける予定もない。

おそらく兄たちはお盆に帰ってくるので、実家に帰る程度か。テレビのニュースなど見ていると、もうお盆だとというのに旅行客や帰省客は少なく落ち着いていると言う。

国は帰省を規制しないが(シャレ?)、東京都はしてるみたいな感じの事言っていた。

どっちなんだろ?

いろんなしがらみがあって何が正しいかなんて分からない。

どっちにしろ、兄から帰省しないという連絡がないので帰ってくるのだろう。

実家の両親は積極的に”帰ってこい”ともいえないし、その逆も父親のタイプからは言わないだろう。たしか、珍しく父がどちらともいえないと言っていた。

その辺の判断は個々で変わってくる。

私的には兄に”帰らない”と言ってほしいと期待する気持ちはある。

なんとなく、両親の事や色んな事を考えている感じがするからだ。

そんな事を言っても、私は実家が近いのでよく帰る。

一緒ではないか?何故兄だけダメなんだ?って話になるし。

線引きが難しい。

まぁ、兄が帰ってくるのならば私も実家には帰るつもりだが。

感染もどんどん広がって、お盆終わりには更に広がっているんだろうか。

不安は付きまとう。


不安と言えば、子供たちの成績がかえってきた。

コロナで1学期の授業もままならない中、なんとか終業式までこぎつけた。

末っ子は、すごいテストの点を取ってきていたのに

「成績表楽しみ~♪」

と、なんとも無邪気だ。

内容は、それなりだった。そうだよね・・次頑張れ!と言ったところ。

長男。

ふ~ん。

悪くないんじゃない?

可もなく不可もなくって感じ。思ったよりは良かった?副教科もうすこし頑張ろうぜ。

長女。

お~い。

これじゃ希望の大学無理ですよー。

もっと頑張れ!

長女と長男、実は勝負をしていた。

頑張った方に賞金3000円!

小遣いがないと言う二人に、賞金で奮起してもらおうと思っていたのだが。

そんなに盛り上がらなかった。

長女などは、勉強の話をすると目が死んでいる。

受験の頃からずっとこんな感じだ。いつ復活するのだろう。

地道に待つか・・

それにしても、もう少しレベルの高い戦いになるかと思っていたのだが、甘かった。

とりあえず、2学期はもう少しガンバロ。

あ、頑張ればっかはダメやったっけ・・

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村