no-image

なんやかんや、悩みはつきない。


子育てをしていると、何かしらブチあたることがある。

長女がどうやらぶちあたってるのか、どうなのか。

私にはハッキリと言わないが何かあるのかもしれない。

そんなことを最近感じる。

基本、昭和な教育の私。

甘ったれない!という空気を醸し出している。

自分がそう育てられたように、自分の子にも同じように育てている。

それが当たり前だし、どっちかというと今の世の中は甘いと感じることが多かった。

だから弱くなっちゃうんだ。

そう思っていた。

でも時代なのだろうか、それでは通用しない時もあるのだと思うようになった。

自分の意思を曲げることは勇気のいることだし、そんなに簡単ではない。

いくら精神論を語っても、どこかひずみが出てきたりする。

いいところと、わるいところの二面性をはらんでいる。


朝から長女の体調が悪い。

頭が痛いと言う。

そういえば、明日学校行きたくないなぁーと言っていた。

本当にイヤそうに言っていた。

何がそんなにイヤなのか。嫌いな教科があるだとか、理由はいつもそんな感じ。

友人関係がどうとか、深刻な話は聞かない。

そんなん、みんな同じや。

が、私のいつもの見解。

みんなイヤやけど、頑張って行ってんやん!

・・それじゃダメなのか?

吐き気がすると、もどした。

病院に行くか?と聞くも首を振る。

とりあえず頭痛止めの薬を飲ませて寝させた。

もどすと、少し楽になったという。

ここんとこ、長女の体調不良が続く。

思春期独特の不安定な時期なのだからか、体のどこかが悪いのか。

毎日の長い通学で疲れが出たのか。


とりあえず見守るしかない。


にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村