コロナ倒産の影響


ニュースで、コロナによる倒産が増えてくるというのを見た。

そうなんだ。

実感が湧かない。

今まで人手不足人手不足と言っていたウチの職場。

今、求人を出したら人が来るのだろうか。

じわじわとコロナの影響が出始めてくると言う。

疎い私は、影響と言えば子供たちの学習態度くらいしか気が付かない。

以前にも増して勉強しなくなった。

コロナの影響で休校になったり、短縮授業になったり。

なかなかリズムがつかめないでいる。

それは私も同じで、弁当を作ったり、子供たちが休みだったらお昼ご飯を作り置きしたり。

それも小学校、中学校、高校となるので学校があったりなかったり、各バラバラで把握するのすら面倒。

休み自体は増えた気はするのだが、なんせ落ち着かない。

普段の平凡な日々がどれだけ恵まれていたかと思う。

長女が私立高校に行くことになったので、4月からパートに加えバイトも始めようと思っていた。

それすらもコロナの影響で出来ていない。

求人が以前よりも減っているかと言うと、あんまり実感はないのだが。

このバイトどうだろう?と思った時に、接客業だったら二の足を踏んでしまう。

と、いろんな理由をつけて後回しにしているのかもしれない。

今のパートを正社員への転換も何度となく考えた。

同じ仕事をしても、お給料も違うし、退職金だってもらえない。

もう10年以上も勤めているのに、もったいない。

しかし、まだまだ子供たちに手がかかる。

行事だって3人いるから3倍。

気安く休みを取ることも正社員だと憚られる。今のパートですら気を遣うのだ。

学校からの呼び出しだって、未だにある。

元気に産んだつもりだったが、こんなにも保健室に迎えに行くことが多くなるとは思ってもみなかった。

など理由をつけて問題を先送りしている。

恐ろしいのは、長女と長男が大学に行った場合1年間期間がかぶること。3歳違いなので長女が大学4年の時、長男は大学1年。

今のこの現状で先を考えるとゾッとする。

長女の私立高校の授業料だけでカツカツだ。

ちょこちょこ子供たちから集金を言われるたびに、また!?と思わずにはいられない。

子供とはなんとお金のかかることか。

その分、返ってくるものは大きいが。

誰が言っていたか、赤ちゃんの頃のあのかわいい笑顔、その時に一生分の幸せをもらっているとか、どうとか。

たしかに赤ちゃんの頃、大変だったけどかわいかったなぁ。

今、その頃に出会えたらメロメロだろうなぁ。

と反抗期の子供たちを前に思う。

思い起こせば、あの時、ああやっていれば、こうやっていれば・・って思うことが最近多いように思う。

今さら、そんなことを言っても始まらない。前を向いていかないといけないのだが。分かってはいるのだが人間ていうのは・・


さぁ、今日もパート頑張ってこよう。


と、ブログを締めくくろうかと思った時に家の電話が鳴る。

イヤな予感しかない。

体調悪いから駅まで迎えに来て、と長女。

・・・。

仕事、忙しい時期だ。また小言、言われるかな・・と思いつつ迎えに行くわ!と返事。


結局じいさんが行ってくれることになった。

結構時間がかかるところだ。

申し訳ない。

ありがとう。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村