no-image

こどもの教育費のこと。


ハッキリ言って、甘く考えていた。

というか、考えていなかった。

何年か前、何気なしに入った学資保険。

どうやらこれでは足りそうにない。

最初の1、2年は持つかもしれない。だけどそれ以降、残るかと言うと残らないと思う。

学資保険をかけ始めたという事実だけで満足していた。

最初に100万円。

これで完了していた。

しかし周りに聞くと、それでは全然足りないと言われる。今思えば当たり前なのだが、当時はそれで完結していた。

しかもその掛け金も子供が産まれてからすぐではなく、しばらくしてからかけ始めたものだから掛け金も高い。

子供が赤ちゃんの頃は育児でいっぱいいっぱいで、そこまで考えが行かなかったし、まだ小さいこの子の将来がすぐに来るなど考えていなかった。

疲れては、外食や総菜の日々。

その場しのぎであった。

そのつけが今、回ってきているのだと思う。

子供は計画通りにはいかない。

まず高校まで公立の学校でと思っていたが、長女がいきなり高校から私立へと通い始めた。

そして下にはまだ二人子供が待機している。

長女の高校での成績も振るわず、おそらく希望の大学には・・という状況。

100万の学資保険に、追加で200万の学資保険を送ればせながら加入した。

なかなか痛い。

しかも長女などは学資保険に入れる年齢を超えているので、別の保険になってしまった。

のんびりしすぎだ。

児童手当をせっせとためて、保険代に充てている。

友人などは児童手当は使わずに学資保険をかけている。そうしないと足りないと言う。

困った。

本当に今さらだ。

そう思ってしばらくが経つ。

最近よからぬ考えがムクムクとわいてきた。

株だ。

あれだけ痛い目にあっても、まだ私は凝りていない。

なんとか一発逆転を狙おうとしている。

その辺はギャンブル好きの祖父の血であろうか。

楽して儲けるなど、なかなか出来ることでない。

しかも私が買う株買う株、下がってばかりだ。

ある意味才能だとも思っている。

だから手堅く銀行株などはどうだろうと思案中。

別に銀行株が手堅いわけではなく、銀行のイメージなのだが。

いつもちゃんとその企業の事を調べずに、適当に購入するものだから失敗する。

しかし、銀行株は配当がいい。

本来投資というのは余裕資金で行うものだが、それが出来るのを待っている余裕はない。

子供の教育費は手堅く貯めたいのだが、難しい。

かといって、ギャンブルに手を染めるのも母親のやることではないと思う。

私はどちらかというと男親の要素が強いのかもしれない。


そんなことを思いながら、今ものらりくらり悩んでいる。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村