金持ちはゴロゴロいる。


私の知らない世界。

長女がインスタを始めてから、私にいろいろと教えてくれるようになった。

私の知らない世界だ。

「ほら、これスゴイで!」

と見せてくれるインスタの数々。

長女の友人たちが出かけた外食先のきらびやかな事と言ったら。

まるでトレンディドラマ(古い)にでも出てくるかのようなゴージャスなレストランで豪華な食事。

回転寿司ではない、お寿司屋さんでのカウンターでの豪華なお寿司。

君の知り合いは一体何者なんだ!?

と言いたくなる。

主に私立高校に入ってからの友人のものと思っていたのだが、昨日見せられたものは中学校の知り合いのものだと言う。

中学校までは、バリバリの公立高校だ。

・・・そうか、世の中には私立であろうが、公立であろうがゴージャスな食事を楽しむ人は多いんだ。

そう、金持ちは多い。

インスタで見る、見たこともないようなお寿司。

へぇ~こんな贅沢なお寿司って、あるんだぁ。トロずくしやウニずくし、みたこともないような豪華なネタの組み合わせ。

これって、もしかして手で食べるのかね?通だね。

そして目の前の鉄板でシェフが焼いてくれるお肉たち。

料理のふたを開けると煙がファ~と出てくる謎の料理。

ナイフやフォークが数多く並べられ、きれいなグラスが数種そばに置かれているテーブル。大きなお皿の上には小さな料理。

こんなんは、男性が女性にプロポーズするときに連れていく、とっておきのレストランじゃないのかね!?

一体、一体君たちはなんなんだ!?

「子供の時から、こんな贅沢な料理食べて、ろくな大人にならん!!」

(大人の私ですら、そんな料理食べたことも見たこともないわ!!)

と思わず叫ぶ。

すると長女が

「ただの貧乏人のヒガミやん。」

と。

はい、その通りです。

世の中にはスゴイ人がたくさんいるのだと思った。

インスタ等の発達により、その生態が明らかになった。

すごいなぁ。

ドラマのような世界は実際にあるのだと思った。

そして、お金持ちはその辺にウヨウヨいるのだ。

よく運転をしていて、外車に乗っている人を見かける。一体どんな仕事をすれば、ああいった車に乗れるのだろう。

そう思っていた。

その辺は謎のままだ。

一般市民の私たちとは何が違うのか?

逆に一般市民の食卓と言うものを見て、お金持ちは驚くのだろうか。

ええ?こんな質素なもん食べてんのか!?

って。

世界中にはご飯も食べれずに、飢餓に苦しんでいる人たちもいると言うのに。

本当に様々だ。

小さい頃、金持ちになったらご飯も食べられないような人たちに寄付とかしてあげる。と思っていた。

今、自分が本当に金持ちになったら、果たしてそんなことはしてあげられるのだろうか?

少し疑問に思う。


とりあえず今は自分たちの生活で、一杯いっぱいの現実だ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村