そろそろ受験対策~インフルエンザとか~


もう崖っぷちだ。

私立高校受験受験までは、軽く1か月を切った。そしてボチボチ学校でもインフルエンザが流行りだした。寒くなってきたからか。

遅まきながら、対策を講じることとした。

受験生アイテム、インフルエンザ予防策の王道。メジャーなR1を購入。これは受験生の親は常備していると言っても過言ではないのではないかと言うくらい、受験ネタで親同士の会話で出る一品。

インフルが流行らず暖冬のままだったら、もしかしたら登場しなかったかもしれない。

だけど、ここにきてやっぱり必要となった。

精神安定剤と言ってもいいかもしれない。

R1飲んでるから大丈夫。

絶対罹らないというわけではないが、気持ち的に強くなれる気がする。病は気から。(なんか違うか)

ついでに受験生ママから耳寄りな情報を得た。

それはクレベリンペン。

室内備え付けのものもあるらしいが、これはこのペンを制服の胸ポケットにさすだけで、ウイルス・菌を除去してくれるという優れもの。

ほほぅ、そんなものがあったのかとさっそく調べてみる。

なるほどー!これは画期的だ。

早速購入した。

普段ケチケチしている私だが、こういうときはケチらない。

なぜなら、受験日にインフルでもなっていて試験ができなかったとなると、更にお金のかかる私立へ行かなければならない。

それを考えると、本当に安いものだ。

必要経費はケチらない。

R1とクレベリンの最強コンビ。


写真を撮りつつ、自己満足に浸る私。

親としてできることはした。親ができることには限りがある。

あとは頑張れ。

そんな感じだ。

当の本人の長女と言えば、相変わらず感情の波が激しい。

機嫌が良かったかと思えば、次の日には沈んで最悪になっていたり。

問題を一生懸命解いている日もあれば、ネットをひたすらしている日もある。泣いた一件もあるので、今のところ何も言っていない。

もう自己責任だ。

学校での進路関係の書類の最終提出が2月頭が締め切りだったが、そうそうに本人が記入していた。

今まで書くことすら拒否していた紙。

泣いた一件から急に弱気になった私は、公立のランクをもう一つ落としても仕方ないと覚悟を決めていた。

しかし、長女は一向にそんなことは言わない。

もうこのまま強気の路線で行くことを覚悟したようだ。どうやら長女と私の気持ちは反比例するらしい。

こないだ長女が、公立も私立も両方行きたい!と勉強の合間に言っていた。それほど気に入っているということか。

無理に第2希望を書かせることは無いか‥と再確認した。

その後、私立の数学の過去問を解いて全然できなかったらしく

「もう私立受けへーーん!!公立だけにする~!」

などと叫んではいたが(^-^;


にほんブログ村 主婦日記ブログへ


にほんブログ村