いろんなママ友の意見を聞くという事。

最近オープンハイスクールが盛ん。

そこで出会うママさんたち。それなりに親しい人から顔見知り程度の人まで、さまざま。オープンハイという行事では、何故かいつもより気兼ねなく話しかけたりできる。

お互いの情報交換や鬱憤を晴らしたり、ママさん達の交流の場となるオープンハイ。

そこで久々に出会った人がいた。今までもチョコチョコと話はしたことがあるものの、実際その人の事はあまり知らず。子供が同級生だということだけ。

たまたまオープンハイが始まるまでに、隣に居合わせたママさん。

たしか〇〇ちゃんのママ・・

普段人見知りで、自分から話しかける事などないタイプの私。

オープンハイの普段とは違う雰囲気で、何故かそのストッパーが外れる。

向こうのママさんも、私の事は顔見知り程度。だけど私が積極的に話しかけるものだから、徐々に色々話してくれた。

最近になって気づいたのだが、意外と積極的に話しかけることは悪くない。思いがけない情報や、裏技などを教えてもらえることがあったりする。あぁ、そんな考え方もあるんだぁ~と目からうろこだったり。

なぜ今まで人見知りだったのか?損してたなぁと思う。

けど、基本はやっぱり人見知り。こんな特別なイベントくらいでしか積極的にはなれない。

年をとって厚かましくなったのか何なのか、急に話しかけてみたりする。

相手は最初ひるむが、徐々に慣れてくる感じ。

隣に居合わせたママさん、私よりも年上(おそらく)。高校生の子がいるようで進路の事を話してくれた。

その子が選んだ高校は、結構厳しいらしい。が、その高校を選んだのは本人。

だけど、今は高校を辞めたいと言っているらしい。

専門的なコースのある高校のようで、将来の選択肢が限られているという。最初に思い描いた将来の夢から心変わりしたから、今の高校ではダメだという。

親が子供が選んだ高校について、もっとアドバイスなり何なりしていればよかったと言うのだ。

子供は何と言っても、まだ子供。表面上しか見ておらず、目の前の事で精一杯だ。親は経験も豊富で、情報も持っている。

その点から、色々アドバイスできたのではないかと後悔していると言う。

・・・なるほど。深い。

進路に悩んでいるといろんなママさんから 「子供に選ばせた方が後悔しないよ」と、よくアドバイスをもらう。

もっともだ。

と思いつつも、なかなか本音と建て前。

子供に「近くの高校に行け」と身もふたもないような事を言ってしまう。もちろん、その高校がいいと思っているからこそ。

でも本人は、まだピンときておらず「何でなの!?」と思っている。

今回のアドバイス、響いた。

いろんな人から話を聞くことは、独りよがりな考えにならず、とても大事なことだと思った。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ


にほんブログ村


主婦ランキング