GWのいさかい。


GW、掃除を頑張っている。

思ったよりもはかどった。

ウォークインでほこりをかぶった子供たちの思い出の品々。

ゴチャゴチャに置いてあったものを、整理してまとめて写真を撮り、数を減らして処分した。

懐かしい。子供の頃とはこんなにも絵をかくものなのだ。

どこの家も外出はあまり出来ないせいか、掃除をしている家が多いように思う。ゴミ置き場などは一杯だ。

この機会に掃除出来て良かった、そう思おう。

長女に関しては朝から勉強していたかと思うと、数学の問題でつまづき

「ああ゛ーーー!!」


と奇声を発している。

気分転換にとゲームをするが、負けてばかりで余計にストレスとなっていた。

ひたすら家の片づけ。すでに45Lのゴミ袋2つになった。

ホコリのたまった床をピカピカにすると気持ちがいい。

その勢いで、欝々とした長女をつかまえて、ぶつかり稽古をした。

いきなり長女につかみかかり、足技をかける。

長女は最初こそビックリしていたが、私に応戦。

こかされまいと踏ん張る。

それどころか私に技をかけてこようとする。

私だって負けてはいない、必死で長女の足をはらって転ばそうとする。

が、これがなかなか。

長女の力が強い強い。

やはり40過ぎのオバハンと、成長期の高校生では力の差が違うのだ。

あんなに線の細かった長女に、いつの間にか力で負けるようになってしまった。

文化部系とは言え、さすが高校生だ。

そんなことを考えて取り組みをしていると、ふわっと私の体が浮いた。

長女に足をとられたのだ。

そのまま私は大きく宙に舞い、ドーンと派手に尻もちをついた。


痛い!

腰は大丈夫か!?一瞬心配になったが、気持ちのいいほど飛ばされて畳に打ち付けたお尻は意外と大丈夫であった。

負けた・・


久々に動いた長女。

少しはスッキリしただろうか。

私は長女に負けてちょっとショックな気持ちと、清々しい気持ちとなった。

結局長女の勉強は数学を半ページやったところで止まっていた。

しかし3時には、ミスドのポンデ抹茶を買ってきた。

前々から長女が食べたいと言っていた。

たまにはいいか。

だから、わざわざそのためだけに外出。

他も買い物をしたかったが、やめてすぐに帰ってきた。

ぶらぶらショッピングはしばらくお預け。

ポンデ抹茶

ポンデ抹茶、甘すぎず美味しかった。

私も食べたかったのだ。

何もないGWにちょっとした贅沢。

この勢いで整理していた時に出てきた、長女の出産シーンのテープを夫に突き付けた。

テープが劣化する前にDVDに焼いて・・と何年も言い続けていた。

積年の思い。

長女と同じように、夫にぶつかり稽古を仕掛ける。こっちには怒りがこもっている。

しかし本物の相撲取りには敵わない。ビクともしない。

ひるまず私は

「もういい加減DVDに焼いてよ!何年間言い続けてると思ってんのん!?」

大声で言ってやった。

フ~スッキリ。


観念したように夫は作業を始める。

が、劣化したビデオでテープを再生すると緑色の線がシマシマに・・。

だから早くしてくれれば良かったのに。

心からそう思う自分と、諦めている自分と半分半分。


それが夫なのだ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村