愚痴る上司の部下は・・・

今日も一日お疲れ様です。今日のパートはぼちぼちでした。平凡に過ぎて行った一日です。

あともう少しすれば大型連休♪とりあえずは足の踏み場の無いウォークインクローゼットを整理しようと計画中。

本当に恐ろしいことになっている。手つかずで放置し続けていたけれど、10連休という事もあるので重い腰を上げてみようと思う。

明日はパートは休みだが、長男と末っ子の家庭訪問がある。しかも時間がニアミスが起きないかと心配。長男の家庭訪問が終わって5分後に末っ子の家庭訪問だ。

そして金曜日には長女の中学校の家庭訪問。

職場では子供が高校に入ったので家庭訪問はなくなってしまってさみしいと言っている人がいた。

そんなものなのか?面倒くさく感じるが。

そういえば、その時は面倒と感じても、時がたてば懐かしく思う事は多い気はする。代表的なのが育児。

今ももちろん育児中だが、小さい頃の育児というのは本当に肉体労働で疲労困憊。なんせ休みがない!

だけど時間を空けてみると、やはりあの時はカワイイ。写真などみると抱っこしたくてたまらない。

ああ、しんどいと思っているその時の自分に代わって抱っこしてあげたい!

仕事も忙しい時は忙しい。暇なときは暇。ほどほど適度がいいんだけれど、そううまくは行かない。

忙しいからといって動じずに淡々と粛々と仕事をこなしたいものだ。

職場では延々と愚痴をこぼす人、文句も言わず仕事をこなす人。いろんな人がいる。だけどやっぱり延々と愚痴る人のそばにいるとしんどいし、サッサと仕事する人のそばにいると気持ちがいい。

文句言っている暇があれば、手を動かせばいいのにと思わずにはいられない。そんな人は一事が万事だ。

そしてそんな人が上司だと大変だ。とりあえず仕事が進まない。解決策をすぐに見つけずに愚痴に時間を費やすからだ。

そうなると下っ端がとばっちりにあう。

結局どうすればいいんですか!?と言っても答えが出ないからだ。

出せないというのが正しいのか。

ああ、うっとおしい

そんな職場に若い子が入ってくる。なんでも吸収してしまう若者を私は心配していた。

もちろん仕事も早く要領もいい。

しかし直属の上司がそれだと、悪影響を受ける。

最初の頃に比べて、その若者の愚痴っぽいことといったら。

ああ、残念。

若い人材を育てるには、それなりの上司が必要だと感じた。

まぁ影響されない人もいるんだろうけど、波長が合ってしまうと大変だ。今後に影響を与える。全部否定的な見方になってしまう。

と仕事をしながら思う私だ。

フリーランスの請求書を即日払い【FREENANCE】

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村


主婦ランキング