学校いつまで休み?

マスク緊急手配★ウィルス感染予防にも花粉症対策にも最適♪


なんだか思ったよりもコロナが長引きそうだ。

と、安易に書いているが、それどころではない大ごとになってきている。

”暖かくなれば収束する。”

ネットでそんな書き込みを見たとき、安心した。

そうだよね、インフルエンザだって寒い時期だけやし・・

そう思っていた。

学校の臨時休校も3月中くらいで、4月からは何もなかったように新学期が来るものと信じて疑わなかった。

最初、休校の話を聞いた時は(えらい思い切ったことをしたな)くらいに思っていた。

子供たちどうしよう?

お昼ご飯、毎日作らないといけないよね。

吉野家冷凍牛丼の具

学童に行ってない長男に関しては、家で好き放題だな・・困った。

くらいの考えだったのだが、いよいよここにきて開校がいつになるかさえも危うくなってきた。

世界中にコロナが蔓延しだした。

パンデミックというやつか?

このご時世で、そんな疫病のようなものが広まるなんて思いもしなかった。

そんなのは衛生状態のよくない時代の話だと思っていた。

子供を家に残して行くパートは、後ろ髪をひかれる。

1日や2日ならば、なんとかなる。

だけど長期戦となると、お昼ご飯はもちろんのこと勉強面の方も気になってくるところだ。

きっと、自主学習なんてウチの子はしない。

これ、やっときよ!とプリントを置いていったとしても

「忘れとったわ!」

で済ますだろう。もしくはやったとしても、それこそ1日2日くらいだろう。

いろいろと考えないといけないことが山積みだ。

思えば不自由のない世の中でぬくぬくと生きてきたのだから、急に不測の事態が起こっても右往左往するばかりで対応できない。


パニックに慣れていないのだ。

今、どう動けばいいか。

どうやったら被害を最小に抑えることができるか。

逆にピンチをチャンスに!?

なんてこと考える余裕がない。

ただただ、早く日常を取り戻したいと思うだけだ。

どうやらコロナは、子供はそんなに重症化することはないようだ。

どちらかというと、40歳以上の感染者が多いように思う。

だとしたら、子供に何か特効薬的なものがあるというヒントではないだろうかと思ったりする。

子供にあって、大人にないもの・・・

元気?

若さ?

それを大人も持つことができたら、とか一人いろいろと考え込む。

そして、いつ自分の身のまわりからコロナがでるのだろうと思う。

じわじわと近づいてきているコロナ。

そのうちきっと、近くからもしかしたら自分から出るかもしれない。

そうなったときの対策も、その時に考えるのではなく、今考えておきたいと思う。

自分がかかった場合はこうする、夫がかかった場合、こどもがかかった場合。

ある程度心積もりをしておくと、そうなったときのダメージは緩和されるし、対応も楽になるはず。

備えあれば憂いなし

パート休みの日に考える主婦。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村