「勉強しろ」と言わない。


決めた。

受験生の長女に「勉強しろ」と言わない。

・・こう誓ったのは何度目だろう。

だけど、もう10月に入った。

受験まであと半年を切ったのだ。

長女はというと、相変わらずののらりくらり

本人曰く

「勉強してるわ!」

との事。

でも私がパートから帰ってきて見る長女の姿と言えば、寝ている姿のみ。ソファで伸びてたり、リビングの床に寝っ転がって寝てたり・・。

夕食後も、リビングでダラダラしている。

本当に勉強をしているつもりなのだろうか?

もしかして、私の見ていない所でずっとやってるとか?

ないか。

学校の家庭学習の時間を書くノートには1日30分、多くて2時間という時間が並んでいる。

受験生で1日の家庭学習が30分て。小学生じゃないんだから。今どき小学生でも、もっと勉強してるわ!

と言う、ウチの小学6年男子の長男は相変わらず学校から帰ると、ランドセルを玄関に置きっぱなしからの冷蔵庫へ直行。

冷蔵庫に何も目ぼしいものがないと分かると、そのままスゥーと遊びに行ってしまう。

もちろん宿題などやっていない。

それを見た小学1年女子の末っ子。今まではちゃんと宿題してから遊びに行ってたのに、「いいなぁ~私も遊んでから宿題やるぅ!」

と。

・・・長男が遊びに行くのを黙認した手前、末っ子だけ宿題をさせるのもおかしい。なんとか引き留めるも、しまい目には

私「帰ってきたら、ちゃんと宿題やるんやで!」

末っ子「分かった!」

(上がシッカリしてればなぁ)

長男にも小学1年の頃から、宿題をしないと遊びに行ってはいけないと言っていた。が、完全に根負けだ。完全なる敗北。

何度言っても長男には通じなかった。

長女も同じ、いくら言ってもダメならば言わないでおこう。

そう決めた。

何度目の誓いだろう。

すぐに折れてしまう誓い。

もうこうなったら背水の陣でドーンと構えよう。

言っても言わなくても一緒ならば、言わない方がいい。


沈黙は金

こんな使い方はしないのか!?

どっちにしろ、今回の意思は固い。と思う。

そのことにより、長女の進路がどうなろうが知ったこっちゃない!とは言えないが、少なくとも本人の事だ。

親は木の上に立って見よう。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ


にほんブログ村


主婦ランキング