晩御飯、何作ろう・・


毎日の地味な悩みだ。

もう何年も同じことを考えている。

そして、これからも考えつづける。

ある意味、幸せなのかもしれないが、毎晩の夕食づくりには頭を悩ませる。

そして少ないレパートリーの中から、今日はコレ。と決定するのだ。

なんとなく惰性で作っているご飯なので、そう美味しくも感じられない。

毎朝のお弁当作りもそうだ。

だいたい同じようなものが弁当に詰められている。

今日の弁当はなんだろう?というウキウキ感など全くない。

長女も、もう私の弁当に飽き飽きしているだろう。

ツイッターなどを見ると、朝から凝った弁当が沢山。

スゴイ。

毎日更新される朝食の画像。

これ、男子が作ってるの!?というクオリティ。

主婦顔負けである。

今朝は、子供たちの好きな黒糖パンを買ってあったので、また楽をした。

朝から何かを作って、という発想があまりない。

育ち盛りの子供たちのために頑張ろうとは思うのだが、レシピが全く浮かばないのだ。

目玉焼き、ソーセージ、くらい。

でも弁当には卵焼き、ソーセージが並ぶ。


そして、夕食はどうしよう。

まだ未定だ。

しかし最近業務スーパーでいいものを見つけた。

韓国にはまっている長女のお気に入りの韓国料理シリーズ?だ。

DSC_1051

このメーカーの韓国料理がどれも美味しいという長女。

トッポッキは私には辛かったが、チヂミなど日本人好みの味付けだと思う。

しかもレンチンするだけだ。

これを食卓にあげると、それだけで長女のテンションが上がるので楽チンだ。

トッポッキは野菜をうんと入れて煮込んでも、まだ辛い。

新しいレパートリーが増えて嬉しく思う。

普段行く店で、思いがけず出会う運命の食品。

これに出会うと本当にラッキーだ。


気づけば10月も最後の週。

やはり早かった。

もう早々に鍋もした。

煮込みラーメンだ。

実家からもらった青梗菜をいれると、トロトロになって野菜をあまり食べない子供たちもモリモリ食べる。

今年の冬は、どの鍋が多いだろう。

いつもはキムチ鍋が何故か断然多い。

今年は寒くなると言っていたので、野菜が高騰しない限り鍋が続くだろう。

寒い冬にはカメムシが大量発生すると友達が言っていた。

そういえば、洗濯物を取り込んだ後にふと網戸をみると、カメムシがくっついていた。

たまたま通りかかった夫に、

「これ取って!」

と試しに言ってみると、夫は予想通りオーバーに困った顔をして、ええ!と身構えて、どうしたものかと固まった。

「いいわ、自分でとる。」

私はその辺に落ちていた紙きれでカメムシをすくい、空のゴミ箱へ。そしてそれを窓の外で逆さにした。

カメムシは落下しながら、どこかへ飛んで行った。

夫は、じゃあ何故俺を呼んだ?という顔をした。


頼ってみたかっただけだ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村