秋なのに、夏?熱中症で倒れちゃう一人暮らし老人

今日もめちゃめちゃ天気がいいです!

少し前までは急に涼しく秋らしくなってきて、もう秋!?急に秋!?と少し物悲しくなったものが、夏がぶり返してくると

また夏かーい!!

と突っ込みたくなる私。一体どっちがいいんだろ。

というか、ここ何年かの季節は極端に変化しているように思う。

春と秋がなくなってんじゃないの?ってくらい暑くなったり、寒くなったり。

気候のいい、春と秋が超短いように思うのです。

例えば、夏だったら「暑いー!」で、秋が来て「涼し~♪」になって、冬で「寒い」

なのに、夏(暑い!)→冬(寒い!)

みたいな。

もっと快適な気候の時期を増やしてもらいたいけど、こればっかりは自然のことなのでどうしようもない。

長女は中学校の運動会がもうすぐなので、練習で忙しい。

連日の練習でクタクタの様子。今朝も体中が痛い、と。文化部の長女は運動部ではないという事もあるんだろうけど、体力がない。とにかくない。

少し運動すると、すぐに筋肉痛になるし、運動も嫌いになってしまった様子。

私的には体育会系のノリが好きな方なので、そんな長女を「なんて不甲斐ない」と思ってしまう。

気合いだー!

と言っても、長女は私の言う事など、どこ吹く風。

まぁ、あんまり無理して熱中症になっても困るか。

最近は何事にも、大袈裟にメディアなどが言い過ぎだと思うし、何でもある程度の我慢は必要だと思う。ぬる~い中で生きていると、弱くなってしまいそうだ。

例えばインフルエンザ時期の手洗いなどは大事だと思う。だけど、いつ何時も除菌除菌手洗い手洗いって・・。限度を越してきて、それが当たり前になっていく社会がコワイ。

ちょうど長女の運動会。組体操を無くす学校が増えている。私の好きな騎馬戦もない。危ないからと言う理由。

競争はダメだと言う。

どんどん社会がつまらなくなっている様に感じる。


そういやスーパーで、おじいちゃんが熱中症らしき症状で座り込んでいた。立てないと言う。

おじいちゃん世代は、苦労してきたからか何かと我慢しがち。

ウチの実家の父も、暑い中庭の剪定を敢えて暑い日にやったりする。それで母は、それを見てヤキモキするのだ。

もっと涼しくなってからすればいいのに、気が向いたからと言って一番暑い昼に剪定しなくても・・頑固な父、もちろん人の言う事は聞かない。

スーパーのおじいちゃんは結局、救急車で運ばれていった。

何でも一人暮らしらしく、迎えに来てくれる人もいないという。

・・・なんだか切なくなった。

体調不良の時に、自分一人って。

どんだけ心細いだろう。


実家の親も、両親とも元気だといいんだけど、いつか一人暮らしになってしまうのだろうか。

本当に心配だ。

核家族化の問題点だ。私は拡大家族がいい。


・・・夫の両親とは住めないけど(笑)



何でも、ほどほどがいいよね。

スマホやネットがないご実家でも大丈夫

にほんブログ村 主婦日記ブログへ


にほんブログ村


主婦ランキング