40代、心にぽっかり開く穴

はっきりは覚えていないが、もしかしたら30代後半くらいからだっただろうか。

子供がまだ小さい頃は、一日一日が精一杯でそんな気持ちを感じる余裕さえなかったのかもしれない。

いや私のことだ、感じていても忘れているのかもしれない・・

子供の手も徐々に離れてきて、ホルモンバランスも年齢的に不安定になってきたのも手伝ってか、時々なんとも言えない気持ちになる。

急にどうしようもない様なさみしさ、孤独感に襲われるのだ。子供たちでは埋められない何か。

夫に求めても応えてはもらえないのも分かっている。逆にまた打ちのめされるのが目に見えている。夫は自分のペースでしか動かない。

そして、泣いている人に対して本当に冷たい。それが私には何故なのかと信じられないところだ。逆に攻撃的になる方が夫には効くのだ。情けない気持ちになる。

どうして泣いた時、やさしく声をかけてくれないんだろう。

私が甘えたい時に甘えさせてくれないんだろう。

そんな難しいことを私は注文しているのだろうか。

どうしたらいいんだ私。

不安定になると毎夜泣くことが続く。胃の奥がギュゥって重くなってじわ~っと黒いものが体の中に広がっていく。誰かに大丈夫だよって抱きしめてもらいたい。

そんな相手もいない。

涙が次から次へと流れる。

誰か助けて。

助けて。

心でいくら思ってみても、だれも助けてくれない。

くるしい。


小さい頃にも、さみしさは感じていた。どこかに将来私のだんな様になる人がいて、きっとその人なら守ってくれる。と思っていた。

今はその頃よりも、もしかしたら強い気持ちで孤独感を感じているのではないかと思う。

ああ、夫はその人じゃなかったんだ と思う。

一体どこにいるんだろう。

でも私には子供たちがいる。そんなワガママは許されないのだ。

これを書いている後ろに夫はいる。

ビールを飲みながら何を言うとでもなく。普段はずっと2階にいるくせに。

子供たちが言っていた。

「父は周り(人目)を気にする」と。たしかにそうだ。

私がブログで何自分の悪口を書いているのだろうと気が気でないのだろう。でないと今日の夕食も作ると言い出すはずがない。

私が求めているのは、そんなことではないのに。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


主婦ランキング