no-image

考えすぎるクセ。


長男の部活のユニフォーム。

10年以上ぶりに連絡を取ってきた人に譲ってほしいと言われている。

仲のいい人ならまだしも、そんなに交流もない人だ。

保育所の体操服も当時そんなに面識があるわけでもないのに、連絡をよこしてきて欲しいと言われた。

微妙な気持ちながら体操服をあげた。その代わりか、その人の上の子のおさがりをあげるよと言われた。

待ってたが、結局届かなかった。

そして10年以上が経つ。

今度は長男の部活のユニフォームが欲しいという。

連絡をよこした時点で、なんとなく察しはついていはいたが、やっぱりか。

となんとなく、イヤな気持ちになる。

結局まだ連絡は返していない。

そして長男の試合を久々に見に行く機会。

頑張っている。

最初の頃から、だいぶ上達したなぁと感慨深い。

頑張った証としてあるそのユニフォーム。それを、交流のないその人にあげてしまうのか。

とまた微妙な気持ちになる。

使うかと言われたら、分からない。

どっちかと言うと使わない率の方が高いのも分かっている。

高校で同じ部活に入ったとして、どうだろう。

しかし、長女の部活のそれも思いでBOXに残されており、時々それを開いた時に当時活躍していた姿が鮮明に思い出される。

ただその為に残しておきたいと思ったり。

ワガママだろうか。

長男に聞くと、あげていいと言われた。

だけど試合後、やはり全部はあげず一つくらいは残しておいてと言われる。

本人も3年間の頑張りが詰まったユニフォームをあっさり手放すのは簡単には出来ないのだろう。

この週末には返事を返そうとは思っているのだが、なんだか気が重い。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村