納豆キムチチャーハン。


長女の病院。

早く治したいという長女。予定は来年頭からの治療だったのだが、痛みがひどいから早く治したいと言い出した。

四六時中痛いとはどういうことか。

いい病院を見つけれたと一安心していたのだが、また一からすぐに治療できるところを探すとなると大変だ。

パート疲れか夏バテか不明の怠い体にムチ打って、いろんな病院へ電話してみた。

そして1つの病院に絞って、行ってみたのだ。

全く分からない病院。

リスキーだ。

でも長女は一刻を争うような言いぶり。

彼女の痛みは、私にはどれくらいのものかは分からない。

精神的なものが関係しているのかもしれない。

料金も予定していた病院よりも高くなる。

下手をすれば、倍ほどになるのではないかという勢い。

そんなことはお構いなしの長女。

私がしぶっていると、何故??という顔をする。

もう少し待った方がいいし、よく分かっている病院の方がある程度は融通をきかせてくれるということを知らない長女。

何かあった時に、毎回遠方まで出向かないといけない。

それを説明しても、何も入らない長女。

観念した。

もう、長女の思うようにさせてやろう。

それでいいんやな?と念を押すと、簡単に頷く長女。

結局、また検査のために通うことになる。

検査代だけで5万円。

もう、なんというか、どっからねん出すんねん!?って感じだ。

生活費を切り詰めるほかない。

なんとか、預金をかき集めて・・と考えていたが前の病院ならば足りたかもしれない医療費。

おそらく今回行った病院では足りないだろう。

ということで、目先から少しづつ変えていく。

今日の昼ご飯。

納豆キムチチャーハン

冷蔵庫の残り野菜やあるのもで、チャーハン。

のみ。

子供たちが

「なんかくさ~い!」

と言う。

もう、この際子供たちの意見など聞いておれるか。

あるもので済ましてやる。

無駄遣いするものか!

いよいよパートの掛け持ちも本気で考えないといけない。

しかし年々体力がなくなってきているのを感じる。

下手に無理して持病が悪化すると余計に厄介だ。

一体どうしたもんだか。


そして次々と壊れゆく家電たち。

洗濯機から始まり、冷蔵庫、オーブン。

更にはトイレまで。

夜、トイレに行くと2階からジャーという音が聞こえてくる。

だれか2階のトイレに入ったのか?と思っていたが、ずっとジャーと流れているのだ。

おかしいと思い、2階に上がるとトイレの水が流れっぱなしなのだ。

焦る。

一体どうやって止めたらいいんだ!?

どうやっても止まらず、夫に聞くとドライバーでネジをしめないといけないという。

夜中から、ドライバーを探し出し必死でネジをしめた。

止まった。

しかし、いつから水は流れ続けていたのだろう。

水道代恐ろしい。

そしてトイレの修理、どうしよう。

なんだか呪いのようにいろんなことが起こる。


くっそ~負けるか!!

にほんブログ村 主婦日記ブログへ


にほんブログ村