no-image

心の蓋。


なんとなく、心に蓋。

自分の感情。それどころじゃない、というのが今の気持ち。

月曜から憂鬱なのは金曜のパート先でのやりとりがあったからだ。

振り返ると、またイヤな気持ちになるので、あれで良かったのだと自分に言い聞かせる。

そう、今日は月曜。

こないだ末っ子が珍しく学校へ行き渋った。

何事も最初が肝心だし、そうなる前に対処する方が長引かないと経験上学んだ。

今朝はどうだろうか。

長女の心配もあるが、末っ子にまでそれが波及してきた。

そうなると今一番危うそうな感情の長男まで心配になってくる。

オロオロ見守るのではなく、毅然と且つ温かく。

対応しおうとは思っている。

今はちょうど3人とも起こす時間が同じなので助かる。

長女は時間通りに起きてきた。

ホッ

長男と末っ子を起こしに行く。

朝はひんやりしているというのに、ランニングに扇風機をつけて寝ていた末っ子。

風邪ひくやん。

やはり夜に部屋まで確認しに行かねばならないか。

夜はめっぽう弱くなってしまったので、私が先に寝てしまう可能性が高いが・・

一通り声をかけて、階下に降りてきて家事をこなす。

長男が降りてきた。

アレ?
いつもは末っ子の方が先に起きてくるが(不安)

学校に行く30分前になっても起きてこない末っ子。

ヤバい。

もう一度起こしに行く。

う~ん

小さく声をあげながら、起き上がった末っ子。

起きた。

すると一緒に寝ていたぺスがいないことに気づく。

誰が勝手に連れて行ったん!!

急に激怒して、泣き出した。

やはり不安定だ。

一体何があったんだ?もう思春期なのか??

なだめなだめ朝食を食べさせる。

朝からぐずっている末っ子を見て、長男がどんな顔をしていたのか分からないが、長男の顔を見て長女が笑い出す。

複雑なお年頃の長男、きっと末っ子をみて幼いヤツだと冷ややかな視線を浴びせていたのだろう。

人のふり見て・・かもしれないが、長男はいそいそと朝の支度を終えた。


そんなこんなで、なんとか3人を送りだす。

最後に長女を駅まで送って、玄関を開けるとぺスが勢いよく駆け寄ってきた。

ゲージが開いていたのだ。

あぁ、なんてかわいいんだ。

この子は今、家族の癒しにフル稼働なのだ。

ありがとう。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ


にほんブログ村