no-image

人の悪口。


なんとなくイヤイヤ行ったパートも、昨日は無事終わった。

やはり金曜から週末をはさんでモヤモヤ考えることは、どう考えてもマイナスだと実感した。

イヤな気持ちはあるものの、それをどんどん発展させていって更にイヤになっていく。よくあるパターンだ。

そして月曜にパートに行く足取りの重い事。

何度繰り返しただろう。

しかし今は、なんとなく家の中がそれどころではない。

私のパートなどおまけのようなものだ(と言うと職場に失礼だが。仕事は仕事で頑張ってはいる)

だったら、もう蓋をしてしまって考えないでいよう。心の片隅にある存在には気付いているのだが、気づかないふり。

そういう時は、アレを思い出す”そいつ今頃パフェ食ってるよ”だったか。

きっと自分だけモヤモヤと考えて、相手などは何とも思っていないのだ。自分の貴重な時間を無駄に使うことはない。

そして子供の問題の方が私には何倍も大きい。

月曜、パートに行くと、若干いさかい?のあった相手とはすんなり打ち解けた。

それどころか、その人から他の人の悪口を聞く羽目に。

自分が同意できない悪口を聞くというのはストレスが溜まる。

ふんふん聞いてはいるが、内心困ったなぁ~と思ってしまう。

きっとこの人は私の悪口も他の人に言っているのだろうと察しがつく。

そういえば、今の職場の大半の人の悪口をこの人から聞いたように思う。

そして、そのほとんどは同意できないものだった。

一緒の職場なので、適当にあしらうこともできず。

大人になると、人の悪口を軽々しく言えなくなった。

言ったその時はスッキリするのだが。後味が悪い。

まわりまわって後悔することもある。

よく考えると、自分の思い違いだった・・と言うこともあったり。

それだけ自分の言葉に責任を持たないといけないと思うのだが。

気に入らないことがあると、すぐ口をついて出てしまうその人は相当ストレスが溜まりやすいだろう。

でも言ったらスッキリするのだろうか。後悔はしないのだろうか。

なんにせよ、今の職場で人間関係がドロドロならないよう気を付けたい。

修行の場である。

そして楽しむことも忘れずに。


今朝、長女を駅まで送って気が付いた。

そういえば長男がまた2度寝していた、ちゃんと起きて学校へ行っただろうか。

長女に家の電話を鳴らさせる。出ない。

長女は出たんちゃう?と言う。私は不安。

長女を駅に下ろすと、すぐ家に急いだ。

案の定、寝ていた長男。いつもより20分も遅い。

ヤバい。

今すぐ飛び出て、学校に間に合うか間に合わないかだ。

しかし、長男の腰は重い。

すぐに飛び起きるかと思ったのだが。

イヤな予感が沸々と湧き上がる。

私も、パートへ出ねばならぬ。

「ちょっと!遅れんで!!はよしんか!!」

怒った風を装う。

これがもともと私の子育て。

やさしく、どうしたの?とはいかない。

怖いかーちゃんでいいじゃないか。

やっぱり私は私なのだ。芯と言うか、根底は揺るがない。

洗面で自分の支度をチャチャッと済ませてリビングに戻ると、長男はいなかった。

出たようだ。


あー、朝からバタバタ。

私もパートへ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村