no-image

やっぱり、こういうとこ好きになれないママさん。


こないだから目下悩み中だった、息子のユニフォーム欲しい欲しいママ。

10年ぶりの連絡と言うことと、以前のおさがりをあげた時もイマイチ納得がいかなかったこと。

しかし、欲しいというものをダメ!と言うのも角が立つし・・。

そのママさんと全く出会わないかと言うと、もしかしたら1年に1回くらいは出会うかも?程度なのだが、その時にきまずいのがイヤでスッパリと断れない。

やっぱり考えてみると例えば息子の後輩から直接息子に、先輩のユニフォーム欲しいです!と言ってきて息子も快諾なら、私も納得。

ほぼ出会わない人から、息子の頑張ってきたユニフォームちょうだいって言われてもなぁ・・

その辺は私の心の問題なのだが。

1週間ほど嫌な気持ちになりながら、よくよく考えて、結局あげることにした。

長女には「あげんでいいやん。」と言われたが。

どっちが後味悪いかと考えた時に、まだあげるほうがイヤだけどマシなのではないかと。

あげなかったら、あげなかったで、ずっと心に残りそうだ。

息子にそれをつげると、一つだけ残して他はあげていいとのこと。

それを聞くと、1種類ずつ半分ほど残しとく?と息子に聞いてみたが

「そしたら、買わなアカンやん。」

と。

相手の事を気遣う息子。

内心、あっちのママさんの方が稼ぎはいいんだけどね。と思ったり。

そして、その旨を連絡した。

でも、自分の正直な気持ちは伝えた。

子供の3年間頑張った思い出の詰まったものなので、正直手放したくはない。(そんなに仲の良くない人にという気持ち)

けれども、お渡しします。記念として一つだけは手元に残します。

と。

もしかしたら、そんなに大事に思っているものならば、いいですよ~くらい返ってくるかと思った。

甘かった。

そんな人ならば、最初から10年ぶりに連絡してこない。

それどころか、一つ残すといったものに執着を表す。

金額にすれば全体の6/1程度のものだ。

値の張るものは全部渡すと言っているのに。

そうか。

私、このママさん苦手だ。

丁寧にした手に連絡はしてきたが、図々しいところがあるのだ。

私はそれがイヤで、あげたくなかったのかもしれない。

かといって、残りの一つのものは渡すつもりはない。

もうこれで終わりにしてほしい。


何年か後、また連絡が来そうな予感を残しつつ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村