no-image

いいなぁと思うこと。


時々、あることなのだが。

日常のスーパーなどで出会うこと。

混んでいるときに駐車場で。

残りの一つのスペースを争って、急いで車を停めようと、反対側から猛スピードでやってくる車。

危ない。

危険なので、素直に譲る。

そんなことはよくあるのだが。

こないだスーパーに行った時、奥の方の駐車スペースが一つ空いているのが見えた。

今日は混んでるなと思いつつ、前を走る車がそこに停めるであろうと予想を立てる。

更に奥の駐車スペースに停めて、スーパーまでだいぶ歩くことになると思う。

そうしたら、前方の車は目の前の空いているスペースには停めず、更に奥の方の駐車スペースに車を停めた。

とはいっても2~3スペースを空けての横になるのだが。

自分が近い方のスペースに停めると、後続車の私が狭いスペースなのでその車が停め終わるまで後ろで待たなければならない。

が、その横の奥のスペースに停めることで、その車も私の車もスムーズに駐車することが出来た。

大体は自分が早く停めれたら、後続車などお構いなしなのに。

後ろの車を気遣ってのことだと思った。

スゴイな。

赤の他人に。

感心して気分よく買い物ができた。

かつて自分が妊婦だった頃、産婦人科に検診に行った時の事。近くの駐車場のスペースが1つしか空いていない時があった。

前方には、すでに車を停めようと1台の車が私の車の前を走っている。

あぁ、満車か。

そうなると、少し離れた駐車場に車を停めて歩かなければならない。

あぁ、しんど。

そう思っていた。

が、その車はそのスペースに停めず、Uターンして遠くの離れた駐車場に車を停めに行った。

私は、近くの駐車場に(いいのかな?)と思いながら駐車した。

気になって遠くの駐車場の方を見ると、男性が産婦人科の方に歩いてきていた。

妊婦の私に譲ってくれた??

あれは本当に感動した。

なんてすばらしい男性なのだ。

おそらく妻の診察の付き添いか、既に生まれている赤ちゃんに会いに来たのかだろう。

その奥さんは幸せだなぁと思った。

そして、まずウチの夫はしないだろうなぁと思った。

夫にそのことを言うと、「俺だってするわ!」と言っていたが。

本当だろうか・・



時々、出会うそんな人。


私もそんな人になれたら、と思う。




にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村